ニューヨーク フィルム アカデミー(New York Film Academy) LA校 2 教室の名前 学生の国籍

ニューヨーク フィルム アカデミー(NYFA)の教室には有名監督などの名前がつけられています

私の1年目の主要な通学先であった、NYFA内でBRICK BUILDINGと呼ばれている建物(上の写真)の教室には以下の名前がありました。

DEPALMA、LYNCH、KUROSAWA、FELLINI、ANTONIONI、FORD、LEAN、CHAPLIN、KUBRICK、HITCHCOCK、AVEDON、LANGE、CARTIER-BRESSON、HOWARD、DEMILLE、BIGELOW、POLLACK、CASSAVETES、CAMPION、TRUFFAUT

 

学生はアメリカ人と、サウジアラビア、中国、イタリア、ロシア、UAE、カザフスタン、チリ、台湾、ブラジル、インド、日本などの留学生で構成されていました。

1年目の私のクラスは11人で、以下の人数構成でした。日本の1名は私です。

アメリカ 3人
サウジアラビア 3人
UAE 1人
イタリア 1人
チリ 1人
中国 1人
日本 1人

サウジアラビア人留学生が多いのは、サウジアラビアでは留学生への奨学金プログラムを行なっており、授業料など学校に関わる費用が国から支給され、留学のハードルが低いためだと思います(その後2016年にはこの奨学金は削減されたようです)。

サウジアラビアでは宗教上の理由で映画館がなく(その後2018年に復活)、映画産業が発達していないことも、映画制作を学びたいサウジアラビア人が留学をする理由だと思います。

語学学校にも奨学金によって来ているサウジアラビア人留学生がいましたが、韓国人留学生が圧倒的に多いため目立ちませんでした。語学学校に韓国人留学生が多いのは、学歴社会の韓国では就活に当たって実際に必要かどうかに関わらず英語力が問われるため、語学が重要だからだと思います。一方映画学校には韓国人留学生は全くと言っていいほどいませんでした。

 

NYFAのカリキュラムは、教室での講義形式の授業ワークショップ、そして実際の撮影プロジェクトによって成り立っていますが、総じて実践的で、徐々に難易度が上がっていく撮影プロジェクトを進めるために必要なことを、その前の授業で学んでいく印象です。

撮影日(最初は概ね土日)に向けて、脚本監督術機材の使い方ワークフロー編集(ソフトウエアの使い方を含む)などを学びます。授業後の時間を使い、宿題のほか、撮影用のストーリーを考え、役者やロケーションを確保し、必要に応じてパーミッションを取ったりする必要があるので、非常にタイトなスケジュールです。役者が確保できなかったり必要な事務手続きの時間がとれなかったりするとかなりストレスとなります。状況によって撮影日をずらす必要に迫られても、スケジュールの中で自分達でやりくりしなければなりません。

前半は同じチームで撮影します。編集はFinal Cut Pro 7を学びますが、自宅でその他のソフトで編集する人もいます。ただNYFAの授業はその後AVIDへ移行していきました。

ニューヨーク フィルム アカデミー(New York Film Academy略してNYFA) MFA Filmmakingの内容 2年のコースの1年目の内容