人がいない夜のロサンゼルス

夜のロサンゼルス Los Angeles at night
人がいない夜のロサンゼルス

ロサンゼルスエリアは広く車社会で基本的に車で移動するため、繁華街などを除けば昼間でもあまり人が歩いていませんが、そもそも人が歩いていないことに加えて繁華街とそれ以外の場所が離れており、夜は繁華街を離れると本当に人がいなくなります。住宅地でも同様です。

日本の場合は多くの人が電車で通勤しており都市圏であれば駅周辺にはお店が集中していて、夜は最寄りの駅からそれらのお店に寄りつつ徒歩やバスで帰る人も多く、比較的人がいる印象があります。

日本でも駅から離れるにつれて夜間の人通りは少なくなりますが、比較的治安がいい前提で歩いていることと慣れているせいもあって特に男であれば怖さを感じることはないと思いますが、ロサンゼルス周辺は住宅地でも閑散とした怖さがあります。

ロサンゼルスダウンタウン

夜のロサンゼルス Los Angeles at night

ファッションディストリクトのそばのビルの屋上での撮影に参加した時の夜の様子です。19時頃です。夜のロサンゼルス Los Angeles at night

そのまま自分の撮影用のロケハンで周辺を歩きました。夜のロサンゼルス Los Angeles at night

ファッションディストリクトはファッション関連の卸問屋が集まるエリアで、かなり賑わうようです。昼間に行ったことがないためこれらの写真の場所の昼間の様子はわかりませんが、夜は人がいません。夜のロサンゼルス Los Angeles at night

夜のロサンゼルス Los Angeles at night

夜のロサンゼルス Los Angeles at night

これは別の日に違う場所をロケハンした帰りです。アーツディストリクトだったと思います。レストランや倉庫を使った撮影スタジオなどもあるエリアです。やはり人がいません。夜のロサンゼルス Los Angeles at night夜のロサンゼルス Los Angeles at night

治安が悪いと明確に言われている場所は避けていますが、ファッションディストリクトもアーツディストリクトも治安が悪いと言われるスキッド・ロウに隣接していますので、本来夜間の一人歩きは避けるべきかもしれません。

ロサンゼルスの治安についてはこちらの投稿をご覧ください。

バーバンク

バーバンクはロサンゼルス郡に属する都市で、ワーナーブラザーズやディズニーなどもあり映画産業の実際の中心とも言われ、治安の良い住宅地でもあります。昼間でも歩いている人をあまり見かけませんが、夜になるとさらに人がいなくなります。

住宅地を通る主要な道路の交差点にはサブウエイなどもありますが、歩道を歩いてる人は見かけません。もしいたとしてもそばに住んでいる人がサンドイッチを買いに来ているのをたまたま見かけるときくらいだろうと思います。夜のバーバンク Burbank at night

夜の22時頃ですので日本でも同じような感じかもしれませんが、人どころか車もほとんど走っていません。夜のバーバンク Burbank at night夜のバーバンク Burbank at night夜のバーバンク Burbank at night

▶︎ロサンゼルスとバーバンクについてはこちらの投稿をご覧ください。

サンフランシスコはロサンゼルスと違い、狭い範囲にレストランや住宅が集まっており、特に繁華街は観光地でもあるため、夜でもたくさんの人がいます。

▶︎サンフランシスコの夜の様子についてはこちらの投稿をご覧ください。

また、単純な比較にはならないと思いますが、サンフランシスコからサンフランシスコ湾を挟んで内陸側にオークランド(Oakland)という場所があり、特に夜間は治安が悪いと言われているエリアですが、かなり賑わっていて、ロサンゼルスエリアの夜と全く様子が異なります。

▶︎オークランドの夜のギャラリーについてはこちらの投稿をご覧ください。