ロサンゼルスで郵便が届かない時の対処

日本の家は郵便受けに名前(住人の名前)を記載することが多く、丁寧な家であれば住所も併記しますが名前だけの場合もあり、周囲の電柱などにも住居表示がないことがあります。配達の人は慣れているのでしょうが、時には迷うこともあるのではないかと思います。家を特定する時に名前は最終的な確認項目ですが、住所が明確でないと、近所に同性の人が住んでいる場合郵便物を間違って配達する可能性もあります。

アメリカの家やアパートの住居表示は名前(住人の名前)よりも番号(番地)で管理されていると感じます。住所は面している通りの名前と番地の番号で表し、集合住宅の場合は建物の壁面、一軒家の場合は郵便受けに数字が記載されることも多く、これであればたとえ住人が引っ越しても分かりやすいのではないかと思っていました。

しかしそうでもないようです。

私がサンフランシスコで住んでいたアパートには受付があり、郵便物は受け取っておいてもらえたため便利でしたが、ロサンゼルスでは最初は郵便が届かず大変でした。

日本から届くはずの郵便が届かず日本に戻ってしまい、ロサンゼルス内からの郵便も届かず行方不明となり、Amazonの品物も届きませんでした。

学校のそばの郵便局へ行って保管されているかどうか確認してもらおうとしましたが、郵便物の保管は別の郵便局だと言われました。バスで乗り継いで行く必要があることが分かり、その日は余裕がなかったため別の日に指定された郵便局に行きましたが、保管されていないようでした。

郵便配達の人が、私の住所の新しい名前(私の名前)に馴れていなかったのかもしれません。

アメリカの郵便物の宛名は、
・名前
・番地
・ストリート名
・部屋番号
・都市名
・州名
・郵便番号
です。

私のアパートの場合、アパートメントコンプレックス内の建物ごとに番地が割り振られており(ビルディング番号とは異なる)、郵便物の宛名表記中の、番地、ストリート名、部屋番号で私の部屋が特定できることになります。住所/郵便物の宛名表記にアパート名は入りません。本来はこれで問題ないはずですが、より確実にするために、いくつか対処しました。

日本から再度送ってもらう時にはわざわざアパート名やビルディング番号も書いてもらい、Amazonの郵送先の登録にもアパート名やビルディング番号を加え、アパートの郵便受けに自分の名前シールを貼り、ようやく郵便が届くようになりました。

 

余談ですがAmazonの荷物は、自分が在宅か不在かにかかわらず、建物内の自分の部屋のドアの前(建物の外とつながっていますがほぼ屋内)に置いておかれます。再配達を頼む手間がなく、盗まれたこともないと思います。

前の住人への郵便物も届きます。この返送方法はいくつかあるようですが、私は、この住人はすでにいないと記載して郵便ポストに入れました。