ロサンゼルス、バーバンクエリアのバス

ロサンゼルスエリアは車社会ですが、鉄道やバスもあり意外に便利です。
 
鉄道についてはこちらの投稿をごらんください。
 
 
 
ロサンゼルス、バーバンクエリアのバス
バスはいくつかの種類があり、利用区間や用途によって使い分けると便利です。
 
メトロ(Metro)バス
路線バスです。日常的には一番利用頻度が高いと思います。
メトロウエブサイト
https://www.metro.net/
 
ダッシュ(DASH)
LADOTが運行する路線バスです。
DASHウエブサイト
https://www.ladottransit.com/dash/
 

ビッグ・ブルー・バス(Big Blue Bus)
サンタモニカ市が運営するバスで、青い車体が特徴です。サンタモニカを中心にロサンゼルスエリアでも運行しています。
ビッグ・ブルー・バスウエブサイト
https://www.bigbluebus.com/

フライアウェイ(FlyAway)
ロサンゼルス国際空港(LAX)-ハリウッド、LAX-ロングビーチ、LAX-ヴァンナイズ、LAX-ユニオンステーション、を直通で結ぶ中距離シャトルバスです。
FlyAwayバスウエブサイト
https://www.flylax.com/en/flyaway-bus

 

メトロ・バス
 
 
ロサンゼルス-バーバンクエリアのバスは、住宅地の路線でも1時間に1本程度と少なく路線と時間によっては遅れますが、全般的には比較的時間通りに来ます。車を持っていない場合には、買い物をするにも映画を見に行ったりするにも便利です。サンフランシスコではどこに住んでいてもたいていは郵便局や銀行が徒歩圏内にありますが、ロサンゼルス-バーバンクでは郵便局や銀行のそばに住まない限り徒歩圏にはないことが多いので、車を持っていない場合はバスを利用することになります。
 
サンフランシスコのバスと違い、一部を除きバス停に時刻表がありませんので、予め調べておく必要があります。私はスマホのMapで時間やルートを確認しつつ利用しました。
 
以下は私がよく利用した222バスのバス停リストです。それぞれのバス停をクリックすると、ルート図や時刻表を見ることができます。
222バスのバス停リスト
https://www.metro.net/riding/schedules/222-13131/
 
車椅子が乗り込むための電動スロープがあります。
メトロには、メトロライナー(Metro Liner:その後メトロバスウェイと名称が変わったようです)と呼ばれる、道路のバス専用レーン、半専用レーンを利用する高速バス路線もあります。メトロの鉄道路線は色の名前がついていますが、このバス路線もシルバーラインとなっています。
tapカードの自動改札(?)もあります。tapカードは、メトロの地下鉄やバスで利用する交通系ICカードです。これを使うことでケーブルカーのエンジェルス・フライトも通常1ドルのところ、半額で乗ることができます。下の写真のデザインは2015年当時のもので、その後変更されているようです。
 
ロサンゼルス、バーバンクエリアのバスの治安
アメリカのバスは低所得者の利用が多く、あまり安全ではないと言われることもあります。ロサンゼルスエリアもそういった面はあるかもしれませんが、私が住んでいたバーバンクは治安が良く、私が利用したバスはバーバンクからロサンゼルスのハリウッド〜ダウンタウン周辺がほとんどのため、治安が悪いエリアに踏み込まない限り、バスに乗っていて特に危険を感じたことはないです。
 
それ以外のエリアの実際の様子はわかりませんが、治安が良くないと言われる場所を把握しておき、自分が乗ろうとしているバスがどこを通るのか知っておいたほうが安全です。
 
 
ロサンゼルス地区の治安や危険な場所に関しては、こちらの投稿をごらんください。
 
ロサンゼルスの中心地やバーバンクなどからロサンゼルス国際空港(LAX)に行く場合や逆の場合、路線バスを乗り継げば乗り合いのスーパーシャトルよりも安く済むメリットがある反面、ルートによっては治安が悪いエリアで乗り継ぎをしないといけない場合があるため注意が必要です。
 
LAXに行く場合や逆の場合はFlyAwayがおすすめです。