ロサンゼルス地区の床屋

ロサンゼルス地区の床屋

サンフランシスコではジャパンセンターの床屋に数回行ったあとは、支出を抑えるために中国系の人のやっている床屋を利用しました。

ロサンゼルス(正確にはバーバンク)では、私のアパートの近所には内装にそれなりに気を使った床屋もありますが行ったことはなく、もっぱら、アパートの斜向かいのショッピングセンターにあるスーパーカット(SUPER CUTS)という床屋のチェーン店に行きました。

ロサンゼルス地区の床屋の値段

スーパーカットは、バーバンクに住み始めた2013年はカットのみで$17(+チップ)でしたが2014年には$18になり、2016年にはさらに値上がりしたらしく$19.00になりました。カットとシャンプーをしてもらうと2015年時点で$23.00(チップ)でした。チップの金額は相場を参考に$3.00にしていました。

サンフランシスコでは、ジャパンセンター内の床屋は$50(+チップ)、中国系の人のやっている床屋は$12(+チップ)(カットのみ)でした。

会社員をしているわけではないので、見ためよりも支出を抑えることを優先し、シャンプーは家で自分ですればいいので通常はカットのみしてもらいます。サンフランシスコの中国系の人の床屋は2〜3ヶ月に1回行っていましたが、スーパーカットも安いのですがさらに節約するため4ヶ月おきに行っていました。4ヶ月もたつとさすがに髪が伸びてうっとおしくなってくるため、その頻度に落ち着きました。

スーパーカットの店員は数名おり、ヒスパニック系と思われる人が多かったと思います。

アメリカでの民族的背景による仕事の傾向

アメリカで日常的に会う被雇用者やオーナーは、民族的背景ごとに、就く仕事に多少の傾向があるように思います。会社に雇用されている場合はまた別です。

ヒスパニック系
レストラン(経営/被雇用)
商店・スーパー(経営/被雇用)
床屋(被雇用)

日経
レストラン(経営/被雇用)
商店(経営/被雇用)

中国系
レストラン(経営/被雇用)
商店(経営/被雇用)
床屋(経営)

韓国系
レストラン(経営/被雇用)
商店(経営/被雇用)
車関連(経営/被雇用)

アジア系もヒスパニック系も経営にせよ被雇用にせよレストランや商店で働くのは一般的ですが、その他、中国系の人の床屋が多く見られ、韓国系の人の車のインストラクターやディーラーが見られます。日本人はジャパンセンターの床屋にはいたかもしれませんが、街中で日本人の経営又は働いている床屋は見たことがありませんし、日本人の車ディーラーを見たことはないです。