ロサンゼルスのケーブルカー エンジェルス・フライト(Angels Flight)

サンフランシスコのケーブルカーは有名ですが、ロサンゼルスにもエンジェルス・フライト(Angels Flight)というケーブルカーがあります。

ロサンゼルスダウンタウンの、ウエスト・サード・ストリート(W 3rd St)、ウエスト・フォース・ストリート(W 4th St)、サウス・ヒル・ストリート(S Hill St)、サウス・オリーブ・ストリート(S Olive St)に囲まれたブロックにあり、サウス・ヒル・ストリート側から見るとオリーブ・ストリート側へ登っていく傾斜となっています。路線距離は約91mで乗車は1分弱、世界で一番短いケーブルカーだそうです。また、勾配角度は33度だそうです。

観光客だけでなく地元の人も利用しているようです。

エンジェルス・フライトウエブサイト
https://www.angelsflight.org/

ちなみに、日本で一番短いケーブルカーは京都の鞍馬寺のケーブルカーで、路線距離は約200mで乗車は2分ほど、最大勾配角度は26度31分、東京の高尾山のケーブルカーの路線距離は約1000mで乗車は6分ほど、最大勾配角度は31度18分でケーブルカーの線路では日本一の急勾配だそうです。

エンジェルス・フライトは1901年に運行が開始された歴史のあるケーブルカーですが、何度か中断しています。1901年に運行開始された後1969年に地区の開発のため廃止となり、1996年に少し場所を移して運行再開。しかし2001年の事故で死傷者が出たため閉鎖となり、調査と改善修理の後2010年にようやく再開、2011年に車輪の交換のため1ヶ月ほど運転停止、2013年にけが人はいなかったものの脱線事故のため閉鎖、ドアの安全性向上と避難通路の設置がなされ2017年に再開されたとのことです。

毎日朝6:45から夜10:00まで運行し、2020年2月現在片道1ドルですが、TAPカード保持者は0.5ドルディスカウントで利用できるようです。

映画やTVドラマでも使われており、近年ではミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の1シーンで使われたとのことです。

このケーブルカーを上がった場所のカリフォルニア・プラザ周辺はビルの中庭のようになっています。下の写真の中央やや右奥に見えるオレンジ色の建造物がエンジェルス・フライトの乗り場です。