TOEFLスコアの推移

以下が留学前から映画学校入学前までの私のTOEFLスコアの推移です。

 READINGLISTENINGSPEAKINGWRITINGTOTAL
2011 06/05 留学前0013821
2011 11/11留学開始後2ヶ月411131038
2012 05/05212151140
2012 06/08 留学開始後9ヶ月156201455
2012 07/061213181154
2012 09/07留学開始後1年94201548
2012 10/191614171764
2012 11/171112191759

留学前は、ラジオの英語講座を聞いたりアメリカへの旅行を何度かしてきたにもかかわらず留学直前のテストではリーディングとリスニングが0点という、自分でも驚くスコアでした。

 

一方、スピーキングが13点で、これも全くいいスコアではありませんが、一般的に日本人は英語のリーディングやライティング(読み書き)はそれなりにできるけれどリスニングやスピーキング(聞いたり話したり)が弱いといわれますが、それとは逆になっており、その後英語の勉強を続けた後もTOEFLスコア上では一度スピーキングとライティングのスコアが同点になった以外は、常にスピーキングのスコアが最も高かったことが見て取れます。

 

はっきりした理由はわかりませんが、子供の頃セサミストリートをよく見ていてネイティブの発音に慣れていたこと、実のところ留学前は英語の勉強に時間をさけておらず、ラジオの英語講座は予習も復習もせず、放送を聞いて話すだけだったことなどが原因ではないかと思います。しかしその割にリスニングは良いわけではなく、不明です。

 

留学開始直後は多少は話せることが助けになりましたが、スピーキングに比べてリスニングが弱いため、ネイティブと話す時に、こちらがそれなりに話せると思って相手が普通に喋ると聞きとれず、ちぐはぐな印象を与えたこともありました。