映画制作へ向けての準備

平日は英語学校通学と宿題、土日は洗濯や事務処理のほかジャパンセンターでコーヒーを飲みながら勉強したり映画を見たり近場の観光地へ行ったり映画学校のリサーチをしましたが、合間合間にいずれ必要になるショートフィルム制作のためのアイディア出しも続けていました。

日本で三幕構成などストーリーの組み立て方は勉強していましたが実際の脚本の書き方はまだ勉強しておらず、ここではあくまでストーリーの元になる「どういう人物が、どうする」という基本の部分や出来事の断片を思い付くままにスマホにメモをしていっただけです。

ストーリー制作にあたっては、まずログラインと呼ばれるストーリーの骨格を考えることが重要だと後に映画学校で勉強しましたが、実際に制作する時にログラインから考えていく上でこのときのメモのいくつかを元にし、役に立ちました。