YouTubeでサラウンド

ドルビーのPro Logic IIを利用すれば、YouTubeでサラウンドの音声を配信することができます。

Pro Logic IIは、ステレオ音声をサラウンド音声に拡張する技術ですが、5.1ch等で制作された音声をPro Logic IIエンコーダーで2chにエンコードしたものを、またサラウンド音声にデコードすることもできます。元々ステレオで制作された音声をPro Logic IIで音場を広げた場合の結果は音声制作者の意図とは無関係ですが、音声制作者が、サラウンド音声をPro Logic IIエンコーダーで2chにエンコードし、視聴する側がPro Logic II搭載の家庭用5.1chサラウンドシステムなどにつないで音声をデコードして再生すれば、音声制作者の意図するサラウンド音声が再生できます。

ただし、チャンネル間のセパレーションが悪くなるため、オリジナルに近い再現をさせるためには、オリジナルのMIX時にエンコード→デコードをすることを想定したMIXをする必要があるようです。

パソコンの接続例(Mac Proの場合)
・Mac Proには光デジタルオーディオ出力ポート(端子)があります。
・上記と、ドルビーPro Logic IIデコーダーを搭載した5.1chサラウンドシステムのAVアンプの光デジタルオーディオ入力端子を光ケーブルで繋ぎます。つまり、DVDプレーヤーの代わりにMacをつなぐだけです。
・Macのシステム環境設定/ハードウエア/サウンド/出力は「デジタル出力」を選びます。
・AVアンプのサラウンドモードはPro Logic IIにします。
以上でサラウンドで聴けます。

いくつかの機種しか確認していませんが、多くの5.1chサラウンドシステムがドルビーPro Logic IIデコーダーを搭載しているのではないかと思います。製品パンフレットやWEBサイトの製品概要紹介の部分にはわざわざ表記されていない場合もあります。

2017年6月現在、YouTubeヘルプには、「アップロードする動画の推奨エンコード設定」として、

音声コーデック:AAC-LC
・チャンネル:ステレオまたはステレオ + 5.1
・サンプルレート: 96 khz または 48 khz

との記述がありますが、5.1ch音声を持つ動画ファイルをYouTubeにアップロードしてそのまま5.1chで再生できるか不明(未確認)です。

その後YouTubeは360度映像・VR映像に対応し、サラウンドとは意味合いが異なりますが、アンビソニックスによる空間音声を扱えるようになりました。サラウンドのマルチチャンネル音声もアンビソニックス音声にエンコードすることで、YouTubeで扱えます。